今月のひとこと
東京都内の子育て真っ最中のお母さん方にお金の話をしました。一人の方は確定拠出型年金に加入されているのですが、ほぼ、全額を預金性の投資対象にしているとおっしゃいます。「どうしてですか?」とお尋ねすると、「だって、株式などは大きく値下がりすることもあるのでしょう。大切な退職後のためのお金が半分になったりしたら大変です」とのこと。そこで「でも、別に全額株式にする必要はないんですよ。預金の1割だけを株式にしてもいい。それなら、株式が一時的に半値になっても全体は5%の減少でしょう」と説明しました。「え?そんなことができるのですか?」とのお答え。このような、小さな、小さな誤解を解きほぐしていって初めて「貯蓄から投資へ」という流れができるのでしょう。

FACEBOOK上でクラブ・インベストライフの仲間が活発な議論をしています。FACEBOOKに登録している方、ぜひ、ご参加ください。(2013年11月14日現在で参加者数は1746名です。まずは2000人を目指しましょう)

今月号の記事をすべてダウンロードする

「円」と「縁」:ふたつの御「エン」を大切にする生き方

sp

対談:岩國 哲人氏 vs. 岡本 和久

「円」と「縁」:ふたつの御「エン」を大切にする生き方

前月号に続き、岩國哲人先生(以下、岩國さんとお呼びさせていただきます)との対談です。岩國さんはこのたび、旭日重光章を叙勲されました。長年にわたる金融界、地方行政、国政への大きな貢献がこのような形で認知されるのは、私個人としてもとてもうれしいことです。心よりお祝いを申し上げるとともに、これからも益々、ご活躍されることを願っています。 今回は米国インベストメント・バンカーとの息詰まる交渉など、知られざる金融史の秘話を紹介していただきました。

読んでみる

中国がわかるシリーズ14 三国志の時代

sp

ライフネット生命株式会社 代表取締役会長兼CEO、出口治明

[東]漢が衰亡し群雄が割拠する混乱の中で、いち早く頭角を現した曹操は、数々の改革を実行しました。今回は曹操の全盛期から三国史に入るまでの時代を説明していただきました。

読んでみる

最近の投資信託事情~ 金融審投信法WG 報告、NISA が投信を変えられるか?

sp

講演:島田知保、レポーター:川元由喜子

最近の投資信託事情~ 金融審投信法WG 報告、NISA が投信を変えられるか?

昨年、金融審議会のワーキンググループで、再来年の投資信託法の改正に向けて、議論が行わ れました。その議論を通して、業界の様々な問題を見ることができました。今回は、その会議に参加された島田さんから議論のポイントをお話いただきました。

読んでみる

「投資信託、こんなところに注意!」

sp

対談:島田知保、岡本和久 レポーター:赤堀薫里

「投資信託、こんなところに注意!」

「マーケットと戦おうと思えば思うほど、この自分の心理が間違った方向に自分を連れて行ってしまう。そういう意味で、心理と戦わずに済むのが、ルールを決めた資産分散とリバランスなのかなと思います。一番やりたくないことをリバランスがやらせてくれるので、大事なポイントだと思います」など参考になる言葉をたくさんいただきました。

読んでみる

参考データ・コーナー

基本ポートフォリオのパフォーマンス

データ提供:イボットソン・アソシエイツ・ジャパン/投信まとなび

この5年間の積立投資のパフォーマンス(4資産成長型)は+36%です。これは5年前に一括で買い付けていた場合のパフォーマンスと比べて+8%です。やはり、「積立」投資の効果を実感しますね。

読んでみる

投信データ・ウォッチ

データ提供:イボットソン・アソシエイツ・ジャパン/投信まとなび

今回は国内・海外の主要なETFを比較していただきました。

読んでみる

 I-OWAたより

マンスリー・セミナー・レポート 「お客のヨットはどこに? ~ 証券市場永遠の真実」

講演:岡本和久、レポーター:川元由喜子
「おのぼりさんの一行が、ニューヨークの金融街を見学しに来て、ウォール街に程近いバッテリー パークへやって来た。ガイドが停泊中の素晴らしいヨットの数々を指さして言った。『ご覧ください。あそこにあるヨットは、みな銀行家やブローカーのものですよ』。見学者のひとりの田舎者がこう聞いた。『お客のヨットはどこに?』、この笑えないジョークから投資の利益相反についてお話しました。

読んでみる

林望・岡本和久共著、「金遣いの王道」が発刊されました

岡本 和久
リンボウ先生こと林望氏との共著本、「金遣いの王道」が日経プレミアシリーズから発刊されました。本年3月、4月と二か月にわたって「インベストライフ」に氏との対談を連載しました。それがきっかけとなり、その後、何度も、何時間もかけて対談を続け今回の本になりました。彼と私は大学時代からの良き友です。文学者と資産運用という全然、違う道を歩んだ二人ですが、対談を進めるほどにお互いにたどり着いた境地がとても似ていることに驚くとともにとてもうれしく思いました。単にお金の話ではなく、どちらかというとそれぞれのバックグラウンドを背景にした人生論的な本です。お付き合いいただいた林君に大感謝です。よろしければご一読を。

岡本和久のI-OWA日記

★マネーライフに「金遣いを考える」というテーマで寄稿をしました ★林望氏との共著本、「金遣いの王道」が発刊されました ★今週の「うまい!」仙台で出会ったおいしいものたち ★仙台で「親子で学ぶハッピー・マネー教室」 ★資産運用「気づきのタネ」(105)7歳までの金融教育 ★モンテレー・サンフランシスコ訪問記 4:グルメ ★I-OWAマンスリー・セミナー2013年10月度が開催されました ★モンテレー・サンフランシスコ訪問記 3:街角風景 ★モンテレー・サンフランシスコ訪問記 2:ウェディング ★モンテレー・

詳細はこちらをご覧下さい。

セミナー案内

マンスリー・セミナーは、個人投資家の方が、ゆたかでしあわせな人生をおくるために必要なおカネの知識を体系的に学んでいただくためのセミナーです。 証券アナリスト歴15年、資産運用歴15年の岡本和久CFA®が、資産運用の理論と実践法をわかりやすく解説します。また、毎回、ゲストをお招きし、さまざまな分野の講義もしていただきます。次回は11/17(日)、その次は12/15(日)(11/17は定員となり締め切らせていただきました)、共に12:30~16:30@東京都渋谷区広尾1-8-6-7F(当社オフィス)で開催です

詳細はこちらをご覧下さい。

PageTop