今月のひとこと

ほとんどの投資家は「できるだけ早く」、「できるだけ安全に」、「できるだけたくさん」儲けたいという希望を持っています。実にごもっともな希望なのですが、これらの三つがすべて同時に、しかも継続的に満たされることはありません。少なくともどれか一つを犠牲にする必要があります。就労中の方で毎月の月給から積立投資をして老後に備えている人にとっては、「できるだけ早く」は一番、犠牲にしやすい項目でしょう。退職後の方ですでにある程度の財産を保有していて、それを使いながら楽しく充実した老後を過ごそうという人にとっては「できるだけたくさん」儲ける必要は少ないでしょう。また「できるだけ安全に」を犠牲にしても、できるだけ早く、たくさん儲けたいという投機好きの人もいるでしょう。しかし、できるだけ早く、たくさん儲けられるかというのは偶然性が支配する部分が大きく、なかなか難しいことなのです。安全性を犠牲にするということは、ハイリスクを取るということです。結局、十分に分散されたポートフォリオを長期で保有してそこそこのリターンを狙うというのは一番、簡単でかつ確実な投資手法だと言えるのです。

FACEBOOK上でクラブ・インベストライフの仲間が活発な議論をしています。FACEBOOKに登録している方、ぜひ、ご参加ください。(2014年8月14日現在で参加者数はちょうど2372名です。)

今月号の記事をすべてダウンロードする

資産運用黎明期から未来へ

sp

対談:清水 栄 氏、岡本 和久

資産運用黎明期から未来へ

清水さんは1956年に社会にでられ、信託銀行で証券市場関係のお仕事を始められました。すでに58年マーケットとの関わりを持たれているのです。私にとっても大先輩です。日本、そして世界の市場が半世紀以上にわたってどのような動きをしてきたか身を以て体験されてきたわけですが、今回、資産運用業界の黎明期のお話から、これから将来に向けての業界の在り方までお話を伺いました。

読んでみる

鎌倉投信 UPDATE

sp

講演:鎌田 恭幸氏、  講演レポーター:川元 由喜子  Q&Aレポーター:赤堀 薫里

鎌倉投信 UPDATE

リーマンショックから2か月後の、2008年11月に鎌倉投信を起こし、実際のところ、なかなか簡単ではありませんでした。その時すごく力を与えてくれたのは、3・11の大震災でした。株価が急落し、お客さんの反応がとても不安でしたが、蓋を開けてみると、圧倒的に買ってくださる方が多かった。「こういう時だからこそ日本の企業の活動を絶やしちゃダメだ」、「企業を応援することで少しでも役に立てれば」と、たくさんの方が投資して下さったんです。その思いを受けて、投資先の社長さん全員に手紙を書きました。

読んでみる

中国がわかるシリーズ22 煬帝の時代と唐の建国

sp

ライフネット生命株式会社 代表取締役会長兼CEO、出口 治明

604年、皇太子の楊広が即位しました。隋帝国2代、煬帝の登場です。煬帝は、洛陽を事実上の首都に定め、605年、南北を結ぶ大運河の建設を命じ、610年には南北2500kmに及ぶ大運河網が開通しました。江南の豪奢に惹かれていた煬帝は、龍舟を仕立てて、江都(揚州)へ行幸しました。六朝時代を通じて、江南の生産力は急拡大していましたので、この大運河の開通は、中国に流通革命をもたらし、大唐世界帝国300年の繁栄の基盤となったのです。また、通済渠と、永済渠の結節点に位置する開封は、その地政学的な重要性が著しく高まりました。煬帝は、まさに、開封の恩人になったのです。

読んでみる

最強の積立投資法 バリュー平均法を学ぶ

sp

講演:岡本 和久、  講演レポーター:川元 喜子  Q&Aレポーター:赤堀 薫里

最強の積立投資法 バリュー平均法を学ぶ

バリュー平均法は、フォーミュラ型の積み立て投資、つまり投資方針のルールを定め、それに従って定期的に投資を実行していく手法の一つです。ドル・コスト平均法は、定時・定額で買い付けていきますが、バリュー平均法は定時・変額でそれを行い、効果をさらに増幅します。バリュー平均法の特徴は、投資の目的を、資産の時価残高に置いているところにあります。ドル・コスト平均法では投資の総額が目標値になっていて、その金額を確実に投資することができますが、バリュー平均法では、株価が下がった時には買い付けを増額し、上昇した時には減額、もしくは売却することによって、目標の時価残高を達成するのです。投資の目的は「いくらにしたい」というところがあるのが普通でしょうから、そういう意味では目的に合致しているわけです。

読んでみる

参考データ・コーナー

基本ポートフォリオのパフォーマンス

データ提供:イボットソン・アソシエイツ・ジャパン/投信まとなび

4資産成長型の過去1年間のパフォーマンスが13.31%、2資産成長型では15.45%でした。

読んでみる

投信データ・ウォッチ

データ提供:イボットソン・アソシエイツ・ジャパン/投信まとなび

日本に上場されているものだけでなく世界の主要ETFの比較表です。

読んでみる

 I-OWAたより

連載 資産運用「茶飲み話」(5)

岡本 和久
●「根拠なき楽観」に安住するな! ●「時間」という資産のアロケーションにもバランスが大切です ●健全なリターンは健全なポートフォリオに宿る ●運用でコントロールできるのは「A・R・C」

読んでみる

岡本和久のI-OWA日記

★I-OWAマンスリー・セミナー(7/20)が開催されました ★資産運用「気づきのタネ」(123)なぜ、ROEが重要なのか ★資産運用「気づきのタネ」(124)投資方針書を書こう ★秋田で初のセミナー! ★「大人と子供のためのハッピー・マネー教室」を開催しました

詳細はこちらをご覧下さい。

セミナー案内

★I-OWAマンスリー・セミナー 8/17(日)12:30~16:30 東京都渋谷区 ★「人生を通じてのお金との付き合い方」8/23(土)13:30~14:30 帯広 ★「資産運用実践法とステップアップ戦略」 8/24(日)13:30~14:30 札幌 ★I-OWAマンスリー・セミナー 9/21(日)12:30~16:30 東京都渋谷区 ★『O & O Together 考えよう! 確定拠出年金の利用法』 10/05(日) 14:00~16:30 東京都千代田区

詳細はこちらをご覧下さい。

PageTop