今月のひとこと

12月上旬にニューヨークに行きました。私にとっては2年ぶりのニューヨーク、そして、1984年まで9年間にわたるニューヨーク駐在員生活を終えて帰国してからちょうど30年目の訪問でした。
印象を一口に言えば、「全然変わっていない」と「すごく変わった」が混在しているということです。
「変わっていない」のはマンハッタンの町並み。レンガ色のビル、高層ビルが並んでいる。そして、相変わらず交通は渋滞、30年前まで住んでいたアパートではドアマンも変わっていませんでした。住宅地も昔のまま。全然、違和感なく行動ができます。
変わっているのは町が安全になり、全体としてはきれいになった。そして、何よりも人が多い、車も多い、騒音も大きい。昔もそうだったのですが、もっと程度が上がっています。そして、本当にいろいろな国から人が来て、楽しんでいる。まさにグローバルな大都市になったという感じです。
クリスマス・シーズンということもあって、町はお祭り気分がいっぱいです。どのレストランも満員御礼でみんなが大声で話しながら食事を楽しんでいます。美術館も人でいっぱい、お店も混雑、結構、高価な食事や買い物をみんな、惜しげもなくしています。
一方、郊外に住む友人夫妻は物価が上がってみんな、生活を切りつめているという話もありました。
いろいろな要素が混在している、これがまさにニューヨークなのでしょう。
しかし、移民も観光客も含めて、みんながあこがれて、楽しみを求めて、世界中から集まってくる、これがニューヨーク、米国の最大の強みなのでしょう。本号の出口さんとの座談会でもそのような話題がでていますが、国も都市もその魅力度においてグローバルな競争のなかにあるということを痛感しました。

FACEBOOK上でクラブ・インベストライフの仲間が活発な議論をしています。FACEBOOKに登録している方、ぜひ、ご参加ください。(2014年12.月13日現在で参加者数は2631名です。)

今月号の記事をすべてダウンロードする

I-OWAマンスリー・セミナー講演より  年金運用革命に学ぶ 個人投資家のための資産運用

sp

講演 岡本 和久

I-OWAマンスリー・セミナー講演より  年金運用革命に学ぶ 個人投資家のための資産運用

私が年金運用に携わったのは1990~2005年ですが、この時期に、米国系の年金運用会社で仕事ができたことは私にとって非常に幸運なことだったと思います。それは以下のような理由によるものです。 ① 米国における確定給付年金市場で年金運用革命が本格化していた ② 米国で確定拠出年金が始まり、ようやくテイクオフ期から成長期に入りつつあった ③ 日本で年金運用再検討・運用革命が進行しはじめていた ④ 日本で日本版ビッグバン、日本版401K、投信改革(ETF)などが始まった。

読んでみる

I-OWAマンスリー・セミナー講演より 歴史的視点から見た世界の課題

sp

講演: 出口 治明氏 レポーター:川元 由喜子

I-OWAマンスリー・セミナー講演より 歴史的視点から見た世界の課題

世の中を正しく見るというのは、実はとても難しいことです。ありえないような嘘が、世の中にまかり通っているのを見ると、その難しさが分かります。正しくものを見るためには、数字、ファクト、ロジックで捉えることが必要です。歴史学もそうなのです。

読んでみる

I-OWAマンスリー・セミナー講演より 歴史的視点から世界を語る

sp

フリーディスカッション 出口 治明 氏、ご参加のみなさま レポーター:赤堀薫里

I-OWAマンスリー・セミナー講演より 歴史的視点から世界を語る

日本の文化は、独自の文化があったと言っていますよね。僕は京都に10年住みほとんどのお寺に行きました。京都のお寺の襖の障壁画を見た時、琵琶湖や浜名湖、広島の宮島とか、美しい所は山ほどあるのに、それらの障壁画は見たことなはないですよね?お寺の障壁画に描かれているのは、何かというと、見たこともない中国の風景です。いかに中国の文化に侵されてきたのか明らかですね。

読んでみる

中国がわかるシリーズ24 武韋の禍の実態 (上)

sp

ライフネット生命株式会社 代表取締役会長兼CEO、出口 治明氏

名君であった唐の太宗(李世民)が死去した後、太宗の後宮にいた官女達は尼寺に入りました。その中に武照という女性がいました。太宗の子どもの第3代皇帝、高宗(649~683)は、652年頃、武照を還俗させ、自らの後宮に加えたのです(父の妻妾を子が受け継ぐのは、北方民族ではよくあるレヴィレートと呼ばれる風習です)。頭脳明晰で政治的センスに優れた武照は、たちまち、高宗の寵を得て655年に皇后となりました。660年には、2聖(高宗、武后)政治が開始されましたが、気の弱い高宗に代わって武后が実権を掌握したことは傍目にも明らかでした。

読んでみる

参考データ・コーナー

基本ポートフォリオのパフォーマンス

データ提供:イボットソン・アソシエイツ・ジャパン/投信まとなび

過去1年を見ると海外株式へのエクスポージャーが大きい2資産型ポートフォリオのパフォーマンスが約20%なのに対し、日本株式の比率が大きい4資産型ポートフォリオのパフォーマンスは約16%でした。

読んでみる

投信データ・ウォッチ

データ提供:イボットソン・アソシエイツ・ジャパン/投信まとなび

直販ファンドのプロフィールです。

読んでみる

 I-OWAたより

連載 資産運用「茶飲み話」(9)

岡本 和久
★世界中の企業を保有する持ち株会社の株式を持つ ★値上りを狙わず、バランスを重視せよ ★買い物の三原則 ★資産運用の勉強は難しいか? ★生活者はCEO

読んでみる

「新たな個人型確定拠出年金の導入に関する提言」を提出しました

岡本 和久
下記の方々と議論を重ねてきましたが「新たな個人型確定拠出年金の導入に関する提言」をみなさまと厚生労働大臣に提出しました。 すべての国民が使える「確定拠出年金制度」を求める民間有識者会議メンバー 大江英樹  (株式会社オフィス・リベルタス 代表取締役) 岡本和久  (I-Oウェルス・アドバイザーズ株式会社 代表取締役社長) 渋澤 健  (コモンズ投信株式会社 取締役会長、シブサワ・アンド・カンパニー株式会社 代表取締役) 島田知保  (イボットソン・アソシエイツ・ジャパン株式会社 「投資信託事情」発行人・編集長) 竹川美奈子 (LIFE MAP, LLC 代表 ファイナンシャル・ジャーナリスト) 中野晴啓  (セゾン投信株式会社 代表取締役社長) 野尻哲史  (フィデリティ退職・投資教育研究所所長) 藤野英人  (東証(JPX)アカデミーフェロー)

読んでみる

岡本和久のI-OWA日記

★「新たな個人型確定拠出年金の導入に関する提言」を厚生労働大臣に提出 ★大船渡訪問 ★大船渡 吉浜中学校で授業をさせていただきました ★11月22日、直江津の上越市民プラザでセミナーをさせていただきました ★ピギーちゃんの生みの親、ビーチャム夫妻が「O.M.G. ~ Official Money Guide for Teenagers」という本を出版 ★資産運用「気づきのタネ」(129)バフェットと個人投資家 ★第110回、I-OWAマンスリー・セミナーが開催されました

詳細はこちらをご覧下さい。

セミナー案内

★12/21@東京都渋谷区、I-OWAマンスリー・セミナー、講師:小松原宰明氏、岡本和久 ★2015/1/18@東京都渋谷区、I-OWAマンスリー・セミナー、講師:野尻哲史氏、岡本和久 ★1/24@大阪市北区、O&O Together in Osaka 「考えよう! 確定拠出年金の利用法」、講師:大江英樹氏、岡本和久

詳細はこちらをご覧下さい。

PageTop